上野桜木あたり

【終了】第三回 三陸ワカメまつり2018(3/24・25)

2018.3.4

第三回 三陸ワカメまつり2018

Wakame18_2

▼▼▼▼▼▼▼ 開催概要 ▼▼▼▼▼▼▼

3月24日(土)11:00〜17:00

3月25日(日)11:00〜16:00

会場:上野桜木あたり ろじ・ざしき

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

食べる、買う

◎旬のとれたてワカメの販売
◎ワカメしゃぶしゃぶ体験
◎うみさと暮らしのラボ ろじのマルシェ〜生産者直送の野菜、食品、工芸品など
◎南三陸のお餅料理を体験 お雑煮、くるみ餅
◎東北のお酒とおいしいものいろいろ

話す

◎知ってみよう、南三陸町の暮らし〜南三陸のおかあさんたちとお茶っこ、移住体験者のお話
[協力] 南三陸町移住支援センター

見る

南三陸へようこそ

◎ひころマルシェからはじまる「うみさと暮らしのラボ」 作品&写真展示
◎伊達藩養蚕発祥の地 入谷「ひころの里」、繭から繰る糸、紡ぐ糸、織物の展示
◎校舎の宿「さんさん館」と、レトロな音楽室にあるウィメンズアイの拠点、活動紹介

  

Wakame18_1

Wakame18_4

Wakame18_3


NPO法人ウィメンズアイが活動する「南三陸町」とは?

 

2011年の東日本大震災でおおきな津波被害をうけ、

復興にむけて歩んでいる宮城県北三陸沿岸の町。
昨年ようやく、町役場が再建し、町で最初のスーパーマーケットがオープンしました。
弧を描く山が志津川湾を囲み、森を豊かに潤す雨と湧き出る水が湾に注ぎ込み、

黒潮と親潮が交わる沖は豊かな漁場をなしています。
震災後は特に南三陸杉の森を活かす林業、海の環境に配慮した養殖など、

持続可能な循環型社会をめざし町をあげて取り組んでいます。

震災後のボランティアやスタディツアーを機に、人と森、海、里の関係性が近い暮らしにふれて、

自然のめぐみとともにある暮らしを求めて移住する都会の若者たちも増えています。

28383958_1448467021932117_238316356_n

田束山からの眺め

「しず」清水が湧き出てくる場所のことや、穏やかで静かな場所という意味もある。


[主催]NPO法人ウィメンズアイ

カテゴリ:

「みんなのろじ・ざしき」ご利用について

お問い合わせ